アメリカ保健福祉機関システムに高負荷サイバー攻撃 新型コロナウイルスへの妨害目的か

アメリカの報道関連各社より、3月15日にアメリカの保健福祉省が情報窃取を目的としないサイバー攻撃被害を受けていたとする情報を公開しました。

新型コロナウイルス対応への妨害目的

総合情報サービス企業の「ブルームバーグ」によると、3月15日夜にアメリカ保健福祉省がシステムへのハッキングを検知したが、情報の流出などは確認されなかったとのことです。
「ワシントン・ポスト」はハッカーの目的について、同省の新型コロナウイルスへの対応を遅らせるためシステムへの高負荷をかけるDDoS攻撃または分散型サービス拒否攻撃だったと公表しております。
当該ハッキングにより15日の同省のシステムはトラフィックの増加を確認したものの、機能停止などの問題は見受けられなかったとのこと。

アメリカ国土安全保障省のセキュリティ機関(CISA)は、新型コロナウイルス問題への対処として、リモートによる作業が可能な政府システムの構築が完了しているとのことです。
 

【参考URL】
Hackers target US health agency during coronavirus crisis

最新情報をチェックしよう!