仮想通貨取引所「ビットポイント」にて、約35億円の不審な流出確認される

本日7月12日株式会社リミックスポイントは、仮想通貨取引所としてサービス提供を行っている同社の子会社「株式会社ビットポイントジャパン」において、仮想通貨の不審な流出があったとして情報開示しました。

7月11日ビットポイントジャパン内の監視システムがエラーを検出し、調べたところ不審な通貨の流出が確認されたことで判明しました。
詳細は判明しておりませんが、被害総額でおよそ35億円相当とみられております。
流出の被害対象となる仮想通貨は、現時点でリップルが確認されており他の通貨においても被害状況について調査が進んでいるとのことです。

現在ビットポイントジャパンでのサービスを一切停止しており、被害額および被害状況と原因究明の特定に注力している状況です。

【参考URL】
仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び   ビットポイントジャパン