日本の仮想通貨「モナコイン」1500万円相当不正送金 容疑者は18歳の少年か

2018年8月から9月にかけて、宇都宮市の18歳の少年が、日本国内を中心に利用されている仮想通貨を「モナコイン」およそ1500万円のモナコインを不正送金したとして、書類送検されたことがわかりました。

手法としては、モナコインの管理業者に対し、セキュリティの脆弱性を突いたサイバー攻撃を仕掛け、システムに誤作動を起こさせて通貨を入手します。さらには特定されないように海外の仮想通貨サービスで換金し隠すことも行っていたことから巧妙であることが明らかです。

容疑者の少年は、「裏技を見つけたかもしれない。ゲームを攻略するような気持ちになった」と、発言しているとのことです。

【参考URL】
モナコイン不正引き出し初摘発 仮想通貨詐取疑い 18歳書類送検