「ネットワークトラフィック」に着眼したセキュリティ対策の有効性について ZDNet Japanセキュリティセミナー

6月5日メディアサイト「ZDNet Japan」が開催した「セキュリティ新潮流」にて、キーサイト・テクノロジー マネージャー の「小圷義之」氏が、企業組織での効果的なセキュリティ対策についての講演をおこないました。

「検証、防御、制御」の3つのサイクルが重要

webアプリケーションやクラウド導入による社内ネットワークトラフィック(ネットワーク上のデータ転送量)が増える中、同時にweb環境の脆弱性を狙うサイバー攻撃もまた増えている現状です。
こうした状況において、小圷氏はネットワークトラフィックの増加にフォーカスしたセキュリティ対策が、効果的との見解を示しました。
具体的なセキュリティ対策として、大きく3つのポイントがあるとして、各個説明を行いました。
以下は、それらのポイントの要所となります。

検証セキュリティアーキテクチャの堅牢性をテストする
防御先回り防御でセキュリティ運用性を向上させる
制御トラフィック制御でセキュリティ装置の負担を減らし、
最大限に有効活用

小圷氏は「検証、防御、制御のサイクルをまわすことで、リスクを軽減していってください」として、昨今に適したセキュリティ対策を実施するよう説明しました。
 

【参考URL】
トラフィックに着目し検証・防御・制御サイクルを回せ! キーサイトが提案する新セキュリティ対策