セキュリティギルド

サイバーセキュリティ総研では、セキュリティ人材のための会員登録機能としてセキュリティギルドを用意しています。セキュリティギルドに登録頂くと、次の機能をご利用いただけます。

  1. セキュリティに関する考え方の発信(投稿)
  2. セキュリティの専門家として登録
  3. セキュリティ求人の共有

セキュリティに関する考え方の発信(投稿)

セキュリティの分野においては「正解」が存在しないことも少なくありません。

どんなセキュリティソフトを入れるべき?
社内ネットワークの形はどういう形が理想的?
どのくらい費用をかけるべき?

こういった質問に対して、セキュリティの専門家の回答は三者三様です。事業内容、事業規模、オペレーション、取り扱う商品、展開エリアなど、様々な事情に応じて最適解を考えなければならないということもあります。しかし、それ以上に、セキュリティ対策は「考え方」の問題であり、考え方が異なればとるべき対策も異なるのは当然なのです。

だからこそ、経営者は考え方が近いセキュリティの専門家を見つけることが重要です。そしてそのためにも、セキュリティ人材が自分の考え方を公に開示していくことも重要なのです。

セキュリティギルドに登録された会員に対して、自分のセキュリティに対する考え方を開示する場として、メディアに投稿できるようになっています。

また、メディアに投稿できるだけでなく、その投稿に対して、コメントを書くこともできます。他人の意見に対して自分の考え方も並べることで、自身の考え方をより多くの読者に広められるだけでなく、お互いに新しい考え方を学ぶ機会も得られます。

セキュリティの専門家として登録

セキュリティの専門家として、サイバーセキュリティ総研内でも紹介させていただきます。

どのような仕事を募集していて、どのような業務経験があるのか、どのような形態で仕事を受けられるのか、など、専門家として掲載され、企業から仕事の相談を受けられます。副業、業務委託、正規雇用、顧問契約など、様々な仕事を募集いただけます。

セキュリティ求人の共有

現在、サイバーセキュリティ総研では、セキュリティ業界の企業や、システム会社におけるセキュリティ人材の求人や、一般企業の情シスなどセキュリティに関わる求人情報を集めています。

今後、定期的に最新の求人情報をメルマガで配信したり、案件によっては直接ご相談させていただくこともあるかもしれません。